ギャザリング

ふわふわもこもこ♥ギャザリング

更新日:

まず初めに、ギャザリングとはどんなものかをご紹介していきたいと思います

ギャザリングとは?

ギャザリングとは寄せ植えの新しい技法の1つで、植えた瞬間からキレイでふわふわ♥まるで花束のようなフラワーアレンジメントのような寄せ植えを作る事ができます(^-^)/#

根付き植物のアレンジメントなので、プランツアレンジメントとも呼ばれています😉

 

ギャザリングと寄せ植えの違いは?

一番の大きな違いは根鉢(土)を崩すか崩さないか!です。分かりやすいように、寄せ植えとギャザリングの特徴をあげてみたいと思います😉

★従来の寄せ植えの特徴★

根鉢を崩さず、間隔をあけて植え込む為、植えられる植物の数はかぎられます。数ヶ月かけて植物の成長を楽しむ事が出来ます😉

★ギャザリングの特徴★

根鉢を崩し植物同士を花束のように組合わせ、1つのユニットを作ります。そのユニットをいくつも植え込んだものをギャザリングといいます😊出来上がった瞬間からキレイで繊細さを表現し、プレゼントにも最適です🎵

 

土を使わないギャザリング

土の代わりにべラボン(椰子殻)を使用します。べラボンの特徴は。。

⚫土と比べて非常に軽い。

⚫洗浄しアク抜きをしているので    清潔。

⚫ムレにくく根鉢の雑菌を抑制し、病気や根腐れしにくい。

⚫しっかり根を張り生育に良い。

⚫可燃ゴミで捨てられる。

初めてべラボンを使用した時に、本当に軽い事に驚きました。土だと重たくて運ぶのが大変だった寄せ植えも、べラボンを使うことで持ち運びが軽々出来るようになりました(^-^)/終わった後に可燃ゴミで捨てられるというのは、庭のない方やマンション住まいの方にも処分に困らなくて済みますね😁

ギャザリングに使用する苗

ギャザリングには良い苗を使う事が基本となっております。良い苗とは茎が太く持った時にグラグラしない、葉の数が多く色つやがあり、下葉が黄ばんでいないもの。白い根が根鉢をしっかり取り巻いているもの。病害虫に害されていないもの。が挙げられます✨このような理想的な苗を生産する、生産者さんから仕入れる事でギャザリングの良さを最大限に表現することか可能となってます(*´ー`*)

 

どのくらいの苗を使用するの?

器の大きさによって必要な苗の数は違ってきますが、通常の寄せ植えの約3倍の苗を使用します🌼🌼下の画像の35センチリースの場合は約20ポット使用しております。

ギャザリングという技法で植え込む事で、花を使わずカラーリーフのみでもこのような繊細で華やかさを表現することかができます💜

ギャザリングの管理方法

ギャザリングされた植物は根鉢を崩してオペをした状態ですので、植え付け後にたっぷりのお水を与えたら、2~3日は直射日光は避けます。初めは明るい半日陰での管理をおすすまします★

水やりは通常の寄せ植えと一緒で乾いたらしっかりとあげてください。

夏場でしたら1日1~2回                冬場は2~3日に1回

最後に

私は元々、寄せ植えは苦手な分類だったんです。。😵お花が大きく育つまで寂しい感じがして、育つまでに枯らしてしまう事もあったりして(^^;

そんな時園芸店ですごく素敵なの寄せ植えに出会ったんですけど、それがギャザリングというものでした💡

私が今まで知っている寄せ植えとは別物のような気がして。。

ギャザリングというものを調べていくうちに、どんどん虜になってしまってました(^^;笑

私が初めて作った作品はバスケットギャザリングでした♥

ギャザリングという技法で植え込みすると、苦手だった寄せ植えが初めてでもこのようにモコモコで可愛いく出来るんです♥

ギャザリングに出会ってからは植物に対して今まで以上に愛着が沸いて、水やリを忘れる事もなく(^^;

朝、夕しっかり観察して花柄摘みもきちんと行うようになっていました。笑

 

 

沢山の方にギャザリングを知ってもらい、今以上に楽しいガーデンライフを送って頂きたいです(*´ー`*)

 

福岡県遠賀郡岡垣町にてギャザリングのオーダーや体験レッスンありの教室を行っております😉

 

 

また、モルタルアートというガーデンクラフトの教室も行っておりますので、興味のある方はお問い合わせ下さい🎵

 

 

モルタルアートに興味がある方必見!

体験キットの販売を始めました。

 

この機会にぜひお試し下さい。

-ギャザリング

Copyright© atelier~ Garden Time~ アトリエ ガーデンタイム , 2018 All Rights Reserved.